【オススメ構成】まだ買える!Windows7のEndeavor MR7200

Windows8.1(Blue)が近々出るという噂がありますが,やっぱりデスクトップPCならWindows7にしたいですよね.
”売れなすぎてBlue”なんて言われるカスOSなんかより…

そこで,まだ買えるWindows7 Home PremiumのデスクトップPCを探してみました.

候補に上がったのは,オンキヨーG100と,Endeavor MR7200でした.

Epson エプソン Endeavor MR7200 650W 350W image

Endeavor MR7200

他にも,あるにはあるのですが,かなりマイナーなBTO専業メーカーとなってしまうので,除外しました.

オンキヨー

オンキヨーは,韓国のMoneual社のPCをそのまま発売している形です。
Sonamu(소나무)というのも韓国語ですしね.
オンキョーのWin7・デスクトップPC、G100って?

エプソン

一方の、EPSONは、少々割高ですが、企画から日本メーカーです。
また、EPSONダイレクトならサポートがずっと優れていて、品質も良いと思われます。
(EPSONは、法人向け中心なので、直販でしか買えません)

前置きが長くなりましたが・・・

結局買おうと思ったのは、Endeavor MR7200です。なぜなら、EPSONなので安心ですし、メンテナンスがしやすいと判断したからです。

 

CPU
(Haswell)
Core i7 4770K  3.50GHz
Core i7 4770 3.40GHz
Core i5 4670K 3.40GHz
Core i5 4430  3.00GHz
GPU Radeon HD 7770
GeForce GTX 680
Radeon HD 6570
Quadro K600
GeForce GT640
DRAM 4GB (標準) ~ 32GB (最大)
4スロット
PC3-12800 DDR3 1600MHz SDRAM
ドライブベイ HDD(SSD)×3(空2)
5.25型×2(空1)
端子 USB 3.0×4 (前2)
USB 2.0×5 (前1)
Gigabit Ethernet(有線LAN)
ミニD-Sub15ピン
DVI-D    (HDCP対応)
HDMI出力 (HDCP対応)
PS/2×2
音声入出力
拡張スロット PCI:1
PCI Express x1:1
PCI Express x4:1
PCI Express x16:1
(いずれも,ボード長312mmまで)
 電源 350W電源
650W電源
サイズ 179×406×368mm (本体)
514×419×368mm (箱)
重さ 9.3kg (350W電源)
9.9kg (650W電源)

オススメの買い方

  • 電源 : 650W
  • CPU : Core-i7 4770
  • ビデオ : CPU内臓グラフィックス
  • メモリー : 4GB
  • HDD : 500GB
  • キーボード・マウスなし

これに

を増設すると良いと思います。

電源

ANTEC 【HASWELL対応】 PC電源 プラチナ EA-650 PLATINUM
大きいほど余裕があるので,故障率が下がったり,GPUの増設をしやすかったりというメリットがあります.上限の処理能力の事で,この消費電力を常時食うという意味ではありません.

350Wでもグラフィックを重視する人以外なら十分です.…が,重いRPGや動画編集などをする方なら,GPU増設を見据えて650Wにしたほうが良いです.(GPU交換には気を使うので)

CPU

Intel CPU Core i7 4770 3.40GHz 8Mキャッシュ LGA1150 Haswell BX80646I74770 【BOX】
Core i7 4770一択だと思います.省エネ×高性能なので,やや高いことを除けば不満を感じる人は殆どいない筈です.
(オーバークロックするなら,Core i7 4770Kのほうが無難ですが…)

CPUは,他のパーツと比べると過剰性能になっているので,4770K以上に高性能なもの(サーバー用のXeonなど)でも,それほど体感性能は変わりません

ビデオ(GPU)

ELSA Quadro K600 プロフェッショナル グラフィックスボード Kepler ロープロファイル規格準拠 日本正規代理店品  VD4983 EQK600-1GEREPSON GPU 7200
Core-i7 4770内臓のIntel Graphics HD 4600で十分です.
しかし,前述のように,グラフィックを重視する人なら自分で増設したほうが良いと思います.

内蔵のままで,トリプルモニター(3台の画面)にできますし…

メモリー

シリコンパワー メモリモジュール 204Pin SO-DIMM DDR3-1600(PC3-12800) 8GB×2枚組 SP016GBSTU160N22
メモリーの増設はとても簡単です.
BTOで大きくすると,自分で増設した場合より倍以上かかるので,自分で増設しましょう.

SSD

Samsung SSD840 ベーシックキット120GB MZ-7TD120B/IT(国内正規代理店 ITGマーケティング取扱い品)
SSDをCドライブとして使うと,起動や処理を高速化できます.
Cドライブにするには,リカバリをするか,移行ソフトを使って移す2種類の方法があります.

できれば,元のHDDと交換して,元のHDDは保管しておくと良いと思います.

HDD

WD Green 3.5inch IntelliPower 2.0TB 64MBキャッシュ SATA3.0 WD20EZRX/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】
HDDは,2TBでも7000円台から購入できるます.増設用のベイが2つ余っているので,SSD+HDDで入れておくと良いですよ.分で増設したほうが良いです.

最近は,写真や動画の容量も大きいので,とりあえず保管用のHDDがあると便利です.

デザイン

スッキリしているので,オフィスで人気らしいですよ.SOHOのために家に置いていても,悪目立ちしにくいデザインだと思います.比較的,整備もしやすいと感じました.

私は,好きなデザインです.

Epson エプソン Endeavor MR7200 650W 350W (1)Epson エプソン Endeavor MR7200 650W 350W (2)Epson エプソン Endeavor MR7200 650W 350W (3)

 

↓購入は是非こちらから(アフィリンクです)

One Comment

on “【オススメ構成】まだ買える!Windows7のEndeavor MR7200
One Comment on “【オススメ構成】まだ買える!Windows7のEndeavor MR7200
  1. Pingback: オンキョーのWin7・デスクトップPC、G100って? | azpek.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です