DignoR 202Kが地味に凄い

Softbankの超軽量スマホ”Digno R”

SoftBankって,Androidのイメージが薄いけど,一応出しているんですよね.
あと,ケースなんかもちゃんと発売されています.

特長

  • 4.3インチなのに,世界最軽量94g
  • 防水
  • 幅60mmと片手で持ちやすい
  • ガラケー機能はひと通り網羅

 

Digno R 202K

プレスリリース

ソフトバンクモバイルは、スマートフォンの2013年夏モデルとして、4.3型HD液晶搭載の「DIGNO R 202K」(京セラ製)を発表。7月中旬以降に発売する。
4.3型液晶・防水スマートフォンにおいて、世界最軽量94g(2013年4月1日時点)を実現したモデル。4.3型HD液晶(1280×720ドット)を搭載しながらも、幅60mmに抑えることで、持ちやすさを追求している。通信速度は、下り最大76Mbpsの「SoftBank 4G」に対応する。

また、ディスプレイ全体が振動して音を伝える京セラオリジナルの「スマートソニックレシーバー」を搭載。受話口がないため、耳に当てる位置を気にせず通話することができる。さらに、耳を覆うようにディスプレイを押しあてることで、駅のホームや人の多い交差点などでも周囲の騒音を遮断し、相手の声をクリアに聞くことが可能だ。

メニュー画面には、使いやすさに配慮した「エントリーホーム」を搭載。従来の携帯電話と同じようなメニュー画面に切り替えることが可能で、スマートフォンが初めてでもスムーズに利用できるという。

性能面では、プロセッサーに1.5GHzのデュアルコアCPU「MSM8960」を、RAMに1.5GBのメモリーを塔載。無線LANは、IEEE802.11a/b/g/nに準拠する。機能面では、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線、防水・防じんなどに対応。カメラ機能は、本体背面に810万画素のCMOSメインカメラ、本体正面に32万画素のCMOSサブカメラを備える。

プラットフォームは「Android 4.2」。ストレージとして、16GBのメモリーを内蔵。外部メディアは、microSDHCカードをサポート(最大32GB)。バッテリー容量は1800mAhで、駆動時間が未定。本体サイズは60(幅)×122(高さ)×10.4(奥行)mm。重量は約94g。ボディカラーは、ターコイズグリーン、ピンク、ブラック、ホワイトの4色を用意する。

感想

京セラだけに,40代以降のガラスマを求める人をターゲットにしていますね.

ただ,スペックは,そこまで悪くないし,SofftBankで軽量Androidスマホが欲しい人には案外イイかもしれませんね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です